記事
息子を出産したばかりの妻を亡くし、20キロ激ヤセ…清水健アナが退職した理由に涙が止まらない…
2023/11/10

広告

大阪・読売テレビのアナウンサーである清水健さんは、2001年に入社しました。彼は愛称をシミケンと呼ばれています。彼は読売テレビのエースアナウンサーとして成長しました。

プライベートでは、2013年5月に番組のスタイリストとして働いていた奈緒さんと結婚しました。2014年3月には奈緒さんが妊娠していることがわかり、幸せな人生を歩んでいるかのように思われました。しかし、奈緒さんの妊娠が判明した直後、乳がんが発見されました。医師からはお腹の赤ちゃんを諦め、治療を優先するよう勧められましたが、清水健夫妻は「子どもも治療も諦めない」という結論を出しました。奈緒さんは乳がんの手術を受け、2014年10月には男の子を無事に出産しました。しかし、出産後、奈緒さんはがんの治療に専念するも、病気は彼女の全身を蝕んでいきました。

清水健さんは2015年2月2日からメインキャスターを務める『かんさい情報ネットten.』を「家族の介護」と発表し、休養に入りました。当時、彼は憔悴しており、同様の境遇を経験した人々からのメッセージにも丁寧に返信を送り返す姿が心配されるほどでした。奈緒さんの死去から8日後の2015年2月19日、清水健さんは『かんさい情報ネットten.』のメインキャスターに復帰し、視聴者に向けてあいさつしました。

広告

その後、清水健さんは奈緒さんの一周忌にあたる2016年2月に『112日間のママ』という本を出版しました。この本は大ヒットし、売り上げは10万部を超え、ベストセラーとなりました。清水健さんはこの本で得た印税で清水健基金を設立し、入院施設の充実やがんの撲滅、難病対策などに取り組む団体や個人を支援する活動を始めました。

清水健さんはシングルファーザーとして子育てをしながら、講演活動を精力的に行っています。彼は自身の経験を通じて、同じような境遇の人々とコミュニケーションを取り、支援することに力を注いでいます。彼は退職を決意し、テレビキャスターの仕事を辞めましたが、父親としての役割と講演活動は続けています。彼は健康に気をつけながら、頑張っていることでしょう。

スピード違反で停められた運転手…警察官を唖然とさせる発言をして炎上…
2023/11/17
【あなたは知ってましたか】質問:「高速道路や本線へ合流する時のウィンカーは【左右】どっち?
2023/11/17
優秀な盲導犬の補助器具を外した直後、態度が豹変…その姿に感激・感動する…
2023/11/17
母親は未熟児として生まれた息子の近くに「手袋」を置いて帰る。翌日にその意味を知り看護師は感動し涙する。
2023/11/17
32年間マクドナルドで働き続けたダウン症の女性。退職を申し出ると言葉を失う展開を迎える!
2023/11/17
息子と仲良しの犬が突如真夜中に暴れ出す。母親が駆けつけるとそこには言葉を失う事態に
2023/11/17
新幹線の指定席で夫とぼーっとしてたら、若いカップルが「あの?実は…私達ずっと立ってるんで」私『だから?』→まじか・・・
2023/11/17
さんま御殿のエンディングでご飯を食べる理由…番組の裏情報が発覚!
2023/11/17
【注意喚起】薬局でいきなり知らない男性に写真を撮られた女性…家族の勧めで警察に相談…そこで言われた一言に背筋が凍る…
2023/11/17
「こうして見るとそっくり」「双子」 浜辺美波と神木隆之介のツーショットに反響
2023/11/10